事業紹介

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは?

ケアマネージャーが介護全般のご相談に応じ、ケアプランの作成を行うサービスです。

適切なサービスをご利用いただくために、ケアマネージャーはご利用者様の状態やご家族の要望をおうかがいし、サービス計画(ケアプラン)を作成します。
サービスを行う事業所の選定、ケアプランの変更が起きた場合の調整を行います。介護に関するあらゆるご相談に応じ、介護サービスのトータルサポートをいたします。

申し込みからサービス提供までの簡単な流れ

申込み

まずは電話でご相談ください。
認定がまだの方は市区町村への申請代行を行います)

訪 問

ケアマネージャーが訪問させていただき、居宅介護支援や居宅サービス計画、
契約等についての説明をさせていただきます。

契 約

説明に同意されますと、居宅介護支援事業所と契約になります。

サービス担当者会議

課題分析の上、必要なサービス事業所にお集まりいただき
心身の状態やサービス利用の頻度等決めていきます。
(ケアカンファレンス)

ケアプラン作成

ご本人、ご家族などと相談しながら、ケアプランを作成します。
(居宅サービス計画)

サービス提供

ケアプランに納得されたら計画に基づいたサービスの開始です。
サービス提供開始後も、より良いサービスのために、
必要に応じてケアプランの見直しをしていきます。

●ケアプランとは・・・
生活の支援や介護が必要な方に、それぞれの状態にあった自立した生活を送っていただくために、ケアプラン(居宅サービス計画)を立てることをいいます。
生活を困難にしている課題を解決するためのプランです。

サービスの内容

ケアプランの作成、要介護認定・申請手続きの代行、サービスの管理などを手がけます。

ケアプランの作成(※費用はかかりません)

  • 1ヶ月程度を単位として作成
  • サービス計画の内容・利用料・保険の適用等を丁寧に分かりやすくご説明
  • ご利用者様やご家族の了解を得たうえで、主治医のご意見をお聞きすることも
  • ご利用者様の状態を正確にアセスメント
  • ケアマネージャーを中心にサービス担当者会議(ケアカンファレンス)を開いて検討

手続き代行・連絡調整・情報提供

  • 市区町村の役所での要介護認定の申請・変更の代行
  • 介護サービスを利用するために必要な連絡調整(市区町村・保健医療福祉サービスの機関を含む)
  • サービスの管理
ページ先頭へ移動